電験・工事士・電気技術者掲示板

730529

電気関係資格や電気技術的な書き込みが主な掲示板です。
他人の誹謗・中傷、営利目的な書き込みは予告無く削除いたします。
なお、この掲示板は携帯からも閲覧・書込が可能です!

三相交流 接地 - 素人さん

2017/04/01 (Sat) 11:07:30

200Vの三相交流は、S相が接地されているそうですが、地絡との違いは何ですか?

対地電圧が0Vであっても負荷が接続された状態でS相を触ると感電しますよね⁇

接地しているのに120度の位相を保ったままの三相交流であることが上手く理解できません。。。

Re: 三相交流 接地 - 鹿の骨

2017/04/01 (Sat) 23:34:24

必ずしもそうなっている訳ではありませんが、Y-△結線の場合変圧器のS端子を大地に直接接地します。
S端子は決まりでは無くRSTの任意の一端子で良いのですが、慣例的にS端子を接地しています。
法的には技術基準で定めるB種接地になります。
単純理論的にはS端子及びS線の大地電圧は±0Vになりますので触っても感電しません。
(非常に危険なので人体実験厳禁です。)
強制的に一線完全地絡の状態にしています。


S端子電圧を0V∠±0度とすればR端子及びT端子の電圧は下記の様になり三相配電は崩れません。

R端子:200V∠+120度
T端子:200V∠-180度

RS間の電圧Vrs=R端子の電圧-S端子の電圧=200V∠+120度-±0=200V∠+120度
ST間の電圧Vst=S端子の電圧-T端子の電圧=±0-200V∠-180度=200V∠±0度
TR間の電圧Vtr=T端子の電圧-R端子の電圧=200V∠-180度-200V∠+120度=200V(-1±j0+1/2-j√3/2)=200V(-0.5-j√3/2)=200V∠-120度

Vrs、Vst、Vtrの電圧は各々200Vとなり位相は120度位相になります。


変圧器は△-Y結線として二次側Y結線のN端子を接地するのが筋の話ですが、変圧器を作る時に6kV/200V級の場合Y-△で作った方がコスト的に有利なのでこの様にしています。
400V級の場合はN点接地以外は認められていません(S端子接地は認められない。)ので変圧器の結線は△-Yになり、二次側にはRSTNの4端子があります。

Re: 三相交流 接地 - 素人さん

2017/04/02 (Sun) 09:58:01

鹿の骨様
大変わかりやすい説明ありがとうございます。
なんとなく理解できた気がします。

極論では、S相は絶縁被覆のあるケーブルではなく、銅線でも問題ないということですか?


Re: 三相交流 接地 - 鹿の骨

2017/04/02 (Sun) 11:38:43

>極論では、S相は絶縁被覆のあるケーブルではなく、銅線でも問題ないということですか?

単純理論としてはそれで良いのですが、勿論法的に不可です。
裸導体を使用出来るのは電車などに限る話です。

Re: 三相交流 接地 - 素人さん

2017/04/02 (Sun) 12:06:17

鹿の骨様

ありがとうございました。
また宜しくお願いします。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.